私が認める名車とは?

私は車のない生活は事実上できないだろうという考えを持っています。

地球に埋蔵されている石油の量には、限りがありその資源を使いきるまでには百年は持たないだろうというのが多方の見方です。

自動車は、その資源を食いつぶす機械ではありますが、人の暮らしの中に密接に関わってきているので、決別するにはかなりの障害があるでしょう。

しかし、近年ハイブリッドカーや電気自動車、バイオディーゼルなど少しづつ石油に依存しない車が普及し始め、何十年か後にこの文章を読んだ人にとっては、石油と自動車について語るなど視点ズレの話かもしれません。

何れにしても内燃機関の自動車が世に生まれて、その時代ごとに名車といわれる自動車が登場します。

そのほとんどがスポーツカーでありスーパーカーと呼ばれた時代もありました。

しかし、世間の流行とは別に個人にとっての名車であり、なんとも言えない魅力がある車が存在すると私は思っています。

私にとってのそれは、オースティン・ミニです。
日本には馴染みのある右ハンドルであること。
小さいけれど立派なスポーツカーであること。
また、様々な仕様の兄弟車があることなどその理由は10個を下りません。

スポーツカーというほど大げさでもなく、軽量化されたボディには作り手のこだわりも感じられ、車長がコンパクトなため、取り回しがいいから町中でも郊外でも走らせればどの風景にもマッチングする市民派スポーツカーは、本場イギリスでも今だに人気の車種でもあります。