車の板金修理はドコでする?

車を買取ってもらう時のマイナスポイントといえばまず何を思い浮かべますか?

エンジン廻りでしょうか?それともタイヤやオーディオなどの装備しているアクセサリーでしょうか?

まず第一番目の印象を考えると外観でしょう。

バンパーにキズやサイドの引っかき傷など査定には当然大きく影響を与えます。

誰でも一度くらいは、電柱にコツンあるいは、ガードレールや路側帯にガリッ、とやっているハズです。

事故とはいかないまでも、知らぬ間にスリキズができているなんていうこともあるでしょう。

それでは、そんなキズをつけてしまったときにどうしましょう。

たいていの人は買ったお店に修理に出すことを選択してしまいます。

新車で購入していたなら、ディーラー、中古車で購入していたなら中古車店という具合です。

ディーラーでの修理は 実は損をする場合もあります。

というのも多くのディーラーでは板金の技術は持ち合わせていないのが実状です。

板金には技術が必要で、常時職人的性格を持つ板金技術をもった人を雇うのは大変です。

ディーラーは修理に持ち込まれたクルマをどうするか御存知ですか。

ボディーならば板金になるのですが、バンパーやサイドミラーなどの場合には、もっとも都合がいいのはパーツ全部の交換です。

これなら、部品を販売する代金とともに、交換する工賃もいただけるのです。

失敗もなく、ワザも必要ありません。

そこでひとつの選択肢として考えられるのは、町の自動車工場です。

知人に聞けば、かなり確かな情報として専門の工場を教えてくれるかもしれません。

修理工場を知らないという人は、電話帳でも、インターネットでも見つけることができるハズです。

車買取りのこともありますが、大切に乗っている車にキズがあるのは、やはり気になりますのでなるべく安く済むほうが良いですね。